synologyでJdownloder2を動かした時に出るエラーについて

アプリセンターで導入できる最新のJavaにはバグがある。



Architecture per Synology model · SynoCommunity/spksrc Wiki · GitHubにて自分のNASのCPUを確認する。

https://archive.synology.com/download/Package/spk/Java8/8.0.161-0017/ にて上記で確認したCPUタイプにマッチするパッケージをダウンロードする。
パッケージセンターにて手動インストールを行う。

Flastladderのセットアップ 2019年版

2019年版といいつつ、たぶん昔と変わってない。
2019年の今でも書き手順でセットアップできましたよという記録。

nokogiri
rbenv

seacret.yml 作る

$ sudo apt install build-essential patch ruby-dev zlib1g-dev liblzma-dev
$ sudo apt install ruby-bundle

$ git clone git://github.com/fastladder/fastladder.git
$ cd fastladder

# For SQLite
$ cp config/database.yml.sqlite3 config/database.yml

$ bundle install --path vendor/bundle

$ bundle exec rake db:create db:migrate
$ bundle exec rake setup # Setup files for development

$ cat /etc/systemd/system/fastladder-web.service
[Unit]
Description = fastladder daemon

[Service]
User=root
WorkingDirectory=/home/tosi/fastladder
#ExecStart = /home/tosi/fastladder/run.sh
ExecStart = /usr/bin/foreman start crawler
Restart = always
Type = simple

[Install]
WantedBy = multi-user.target

$ cat /etc/systemd/system/fastladder-crawler.service

[Unit]
Description = fastladder daemon

[Service]
User=root
WorkingDirectory=/home/tosi/fastladder
#ExecStart = /home/tosi/fastladder/run.sh
ExecStart = /usr/local/bin/rails s -p 80 -b 0.0.0.0
Restart = always
Type = simple

[Install]
WantedBy = multi-user.target

外部リンク

nokogiri.org

Nuro光とルータとAzure

ZXHN F660A
|
Fortigate - AzureVPN
|
パソコン
  • NUROから提供されるONU兼ルータのF660Aはスタティックルートの設定ができない
  • FrotigateのF660AインターフェースでNAT(NAPT)するように設定することで回避する
  • F660AのDMZ機能でFrotigateのF660A向けインターフェースをDMZとして指定することで、AzureのSite-Site構成VPNについて問題なく接続することができる

それにしても

Nuro早い。
f:id:tohirom:20190630122302p:plain

ほっともっとの割り箸は「やなぎプロダクツ」

ほっともっとの割り箸が、丸くて、割れてていい感じ。
家でも使いたいなと思って探して買ってみた。
「やなぎプロダクツ」が販売している"完封竹丸箸 20cm"がまさに「ほっともっとの割り箸」だった。

lohaco.jp

Re:LDRのレートの保存と復元

LDRのレートの保存と復元
blog.bulkneets.net : LDRのレートの保存と復元

レートの保存

prompt("これをコピーする",subs.model.list.map(function(s){return [s.feedlink,s.rate]}).toJSON());

レートの復元

(function(){var c=prompt("さっきの貼り付ける");if(!c)return;var d=eval(c);var m={};d.forEach(function(s){m[s[0]]=s[1]});var count=0;subs.model.list.forEach(function(s){if(!m.hasOwnProperty(s.feedlink)) {return}if(subs_item(s.subscribe_id).rate!=m[s.feedlink]){set_rate(s.subscribe_id, m[s.feedlink]);count++}});alert(count+"件変更")})();

将来にわたって動くかどうかは保障しない。

JSON.stringify(subs.model.list.map(function(s){return [s.feedlink,s.rate]}));

FortigateでDS-Lite接続を設定する

FortigateでDS-Lite接続を設定する方法。
確認していないけど、たぶんIPoEとかも同じ手順で設定できると思われる。

DS-Liteとは
DS-Lite(Dual-Stack Lite)は、RFC6333で規定された通信規格で、本機能を利用することにより、IPv6のみの通信環境においてIPv4 over IPv6技術を利用し、IPv4での通信も可能となります。DS-Lite対応の通信機器をご用意いただければ、一台の機器でIPv6/IPv4双方の通信が可能となります。また、通信速度はIPv6ネットワークの通信速度に準じますので、ご利用回線によっては、IPv4 PPPoE接続での通信速度よりもより高速な通信をご利用いただけます。
https://www.iijmio.jp/guide/outline/ipv6/ipv6_access/dslite/

前提条件

下記を満たしていれば設定可能と思われる。

  • インターフェースにIPv6アドレスを設定できること
  • config systemにipv6-tunnelコマンドが存在すること

DHCP-PDに対応するのはFortiOS 5.4からだけど、クライアント側にもIPv6アドレスを配布したいという要件が無ければ、60c等のFortiOS 5.2 でも問題無いと思われる。

構成

f:id:tohirom:20190204221754p:plain
WAN1にONU、LAN1にパソコンを接続する構成。

インターフェースにアドレス設定

なにも設定しないとfe80のリンクローカルアドレスが設定されてしまうので、次の通りWAN1に「2001:444::1/64」を設定する。

IPv6アドレスの確認

アドレス設定した後、再度アドレス設定画面にて付与されたIPv6アドレスを確認する。
ここで確認したアドレスを後のトンネル設定にて指定する。

diagnose ipv6 route list

トンネル設定

SSHで接続して、次のコマンドを実行する。

#config vdon
#edit root
#config system ipv6-tunnel
#edit ip6ip6
#set source 2409:???:??:????:????:feed:????:????
#set destination 2404:8e01::feed:100
#set interface "wan1"
#end
config system ipv6-tunnel
    edit "<適当な名前:後の手順でゲートウェイ名となる>"
        set source <インターフェース画面で確認したアドレス>
        set destination <NTT東西で異なるアドレス:下記参照>
        set interface "<フレッツ光回線の終端装置を接続しているインターフェース>"
    next
end

NTT東日本エリアから接続する場合
2404:8e00::feed:100
2404:8e00::feed:101

NTT西日本エリアから接続する場合
2404:8e01::feed:100
2404:8e01::feed:101

ルーティング設定

スタティックルートの設定画面でデフォルトゲートウェイとして、前の手順で作成したトンネルインターフェースを指定する。

ポリシー設定

***からip6ip6へ通信許可のポリシーを追加する。
NATは有効にする。